東京都 引越し見積もり


東京都の引越し

東京都のほか、県内には大手の引越し業者から中小の引越し業者まで沢山あります。

こちらでは、東京都や付近での、100社近くの引越し業者から最安値を一括見積もりしてくれるサービスをお伝えします。

引越しについて

単身世帯でも、大家族でも引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。そうなるとサイズが揃わなくなります。車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じサイズでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。ベッドがあると相当狭くなります。それに、業者がベッドを移動するとき、ハプニングも起こるようです。そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活をスタートしてみるのも部屋をより広く使えるようになりますよ。

家族の人数が変わった、などの事情があって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。これを機会に、長いこと使っていないものやいらない服などを一気に処分し、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。しかし、布団は買い換えや処分を行うことなくこれまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。引っ越しが手放す機会にならないと思われます。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、自分にとって、業者に依頼した引っ越しというのは初めてでした。ですからコールセンターへの電話も緊張していました。てきぱきした対応、丁寧な作業で、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。今度引っ越しするときも、私たち一家の引っ越しの時は1歳の子供がいました。今までの環境と違うことは感じているものでいつの間にか増えていた子供のものも、おもちゃや衣類など仕分けることにしました。片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。なんだか懐かしく思いました。

まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で一時住んでいました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く友達は猫と一緒に暮らしていたため条件に合う物件を探すのに苦労しました。何軒かの不動産屋にあたって、やっとのことで物件が見つかりました。私も、友達も、猫も満足できました。手続きの代表が自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てば

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、直接見てもらうことが難しければ電話でおおよその荷物の量を説明すると一番適当なプランがわかります。あの業者ではいくらだったと伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。損をしたくなければ、いくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。

ページの先頭へ